画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

原状復帰できるように、まず壁全体に貼ってはがせるクロスを貼ります。
2mmベニヤに、ツキイタのような溝を掘りペンキで塗ります。細い角材(タイルのボーダーの見切り材)にもペンキを塗ります。
貼ってはがせるクロスの上から、腰壁を両面テープで貼っていきます。その上に見切り材も両面テープで固定します。
次はタイル貼りです。
1回目は、2mmベニヤにタイルを貼付けてから、壁に貼り付けた見切り材の上部にそれを貼り、さらにその上部にも見切り材を付けました。
2回目は、2mmベニヤをまず壁に固定し、上部の見切り材も固定してからタイルを貼り付けてみました。
2回目の方法の方がやりやすいと思いました。
その後、目地埋めです。

木目や、タイル柄の「貼ってはがせるクロス」もありますが、質感を大事にしたかったのであえて材料は本物か、本物に近いものを選びました。

GOOD 11

投稿者

らくらす

作品名

本物タイルのおしゃれなカラーボーダー付き腰壁

制作時間

約600分

材料

●はっれはがせるクロス
●2mmベニヤ
●ペンキ
●角材(8×20)
●モザイクタイル
●タイルボンド
●タイル目地
●両面テープ

Share