• すのこ 2枚
  • 木材(6×24×1820mm) 2本
  • 木材(6×24×910mm) 1本
  • 丁番 4個
  • 取手 2個
  • 打掛金具 1個
  • 金網(800×400mm) 1枚
  • ビス(25mm)
  • ビス(8mm)
  • タッカーステーブル(高さ6mm)
  • ミルクペイント(白・茶)

『シャビーシックインテリア』とは、使い込まれて傷が付いたり、ペンキが剥がれかけているような古いけど味があるアンティーク家具と、上品な花柄やフリルのファブリックなどをミックスさせた、クラシックでガーリーなイメージのインテリアの事。このDIYで、トイレからオシャレにしてみよう!

ページTOPへ

すのこを縦半分に切断。切断したすのこの内、1枚分はさらに横に切断する。

棚の形に組み立てる、木工用ボンドで固定した後、ビス(25mm)でとめる。

扉をつくる。木材に扉の寸法で印をつけ、のこぎりで切断。

扉の木材をタッカーでとめる。

棚と扉をミルクペイント(茶)で塗装。

乾燥したら、ミルクペイント(白)で塗装。

完全に乾燥したら、サンドペーパーで白い塗装を所々はがす。下塗りの茶色が出てきて、アンティークっぽく仕上がる。

金網を扉のサイズに切断し、扉の裏からタッカーでとめる。

扉の取っ手をビス(8mm)でとめる。

扉と棚に丁番をビス(8mm)でとめる。

扉を閉め、打掛金具をビス(8mm)で取り付けて完成!